出演団体

坂之下番楽

由利本荘市

坂之下番楽

国記録選択無形民俗文化財(鳥海山北麓の獅子舞番楽)

 寛永年間(1624~1644年)京都醍醐三宝院末の修験と伝わる本海行人によって由利本荘市鳥海町及び矢島町の各村落に伝えられ、総称として本海流坂之下獅子舞番楽と呼んでいる。  坂之下番楽は藩主生駒氏からの御用番楽としてその庇護を受けてきた。春と秋には集落の神社で、お盆(8月13日~14日)には各家庭を巡り、その後会館で各演目を行う。十九番伝わる演目から今回は「空臼からみ」を実演する。派手な長袖の肌襦袢に股引をはき、三角頭巾を冠り襷掛けの四名の若手が、堅木の搗き棒を持って臼の周りを廻りながらふちを堅木で叩いたり二人一組になって交互に棒を絡ませて踊る。途中で臼から外れて一人ずつ鳥刺舞のしぐさをする。

その他の出演団体