出演団体

比立内獅子踊

北秋田市

比立内獅子踊

北秋田市無形民俗文化財

 比立内獅子踊りは慶長年間、佐竹公が常陸から秋田へ来る時に、家来達が長旅の慰労と崩れがちな士気を盛り上げるため足軽達が大名行列を型どって殿様にお目にかけた道中芸が始まりと言われている。明治16年頃小又(旧森吉町)生まれの松橋東助から浦田の駒踊りを伝習したのが始まりと言われ、その後明治23年頃桂瀬の炭工夫から伝授されたり、戸沢ささらなどを参考にして、今日の比立内獅子踊りが出来たとされる。  昭和40年代に入り後継者不足から活動が休止する中、当時独身男女で組織する青年団員が活動を始め、その後比立内青年会の活動として今日まで継承に努めてきた。平成27年に地元自治会と協力して比立内比靖会を立ち上げ活動を継続している。

その他の出演団体