出演団体

大仙市

刈和野の大綱引き

 刈和野の大綱引きはおよそ500余年前、室町時代から始まったといわれ、「市神」様の祭事として綱引きが始められたのが由来といわれます。  大綱引きは毎年2月10日に刈和野の大町通りで町を二分して行われます。二日町では「雄綱」を作りその先端を「ケン」と呼び、五日町では「雌綱」を作りその先端を「サバグチ」と呼びます。2つの大綱は七巻きに積み7日間飾られ綱引き当日に浮島神社に祀られる「市神」様を奉戴します。今回は刈和野の大綱引きをミニ綱で再現します。

その他の出演団体