出演団体

能代市

羽立大神楽

 羽立大神楽は、その昔一人の至芸に達した芸人がこの里に訪れたことから始まったと伝えられている。  全ての舞を三角形に舞って進むのが特徴で、7月24日に愛宕神社の祭典で、8月13日には集落の墓地の前と集落の中央で舞われる。  祭典の日、神社に参入するときは、獅子は「天の舞」を舞って鳥居を潜り、社殿まで駆け登る。 悪魔払いをし、囃子を変えて「流しの舞」を舞いながら神輿の行列を先導して巡幸する。獅子は赤・白・黒のだんだら模様で、七の段、終段等の舞もある。

その他の出演団体