出演団体

羽後町

仙道番楽

 仙道番楽は、慶長年間(1596~1615)に京都から落ちてきた修験者が現在の上仙道に宝永山を開いて山伏神楽を普及したとする説と、約400年程前に西鳥海にこもった山伏行者が山麓の村々で獅子舞・神楽舞を演じたものが村人に伝わったとする説の二つの起源がある。  4月中旬の「幕開き」に始まり、村内各神社の祭典、豊年祭、新築の根固め、慰霊祭等で演じられ、雪が舞い始める頃に行われる「幕納め」で終わりとなる。 演目は、御獅子之舞、御上旨之舞、道化三番叟、鶏舞ほか12種類がある。

その他の出演団体