出演団体

大仙市

角間川盆踊り

 角間川盆踊りは、藩政期から雄物川の舟運の基地として栄え、角間川舟着場に来て定住した豪族により伝えられたと言われている。大会当日は、囃子方はやぐらの上で演奏し、踊り手は編み笠に浴衣でかがり火を中心に円陣を作り踊る。踊りは、手拍子からはじまるが、踊りの途中で360度回転する所作があり、この踊りの特徴となっている。お囃子、踊りが優雅であり踊り手のさす手や引く手には上品で風流さが漂っている踊りである。
(大仙市無形文化財)

その他の出演団体