出演団体

大仙市

長野ささら

開催日:8月13日〜16日

 長野ささらは、慶長7年(1602)佐竹公が秋田にお国替えの時に、士気を鼓舞し、路上のけがれを打ち払うため先頭に三頭の獅子をおき道払いの舞とした。  後に水戸からの舞人達が長野に住み着き、悪霊を鎮め、祖霊を祝するための盆行事として伝えてきたものとされえいる。又、獅子舞の舞も品格が高くなり、装束も立派になったと伝えられている。  黒角の雄獅子と赤角の雌獅子、青角の中立ち、笛吹、謡上げなどで一組になっており、その後ろに行列がつく。  演目は「かんだち」「恋慕」「ねまり」などがあり、部落から部落へ渡る時は「なで渡り」という笛のリズムと太鼓に合わせて行進する。

その他の出演団体