出演団体

img_yamadashishi

大館市

山田獅子踊り

 山田の獅子踊りの起源は、佐竹義宣が秋田に移封を命じられた慶長7年(1602)が始まりで、慶長15年(1610)に小場義成が大館城に入城の際に豊年万作・無病息災を祈って披露し、お褒めの言葉を受けて一層盛んになった。
 戦時中は一時休止したが、昭和22年(1947)に再開し、昭和40年(1965)には若者有志による山田獅子踊り保存会が結成され、現在では集落全体で伝承している。

その他の出演団体