出演団体

八沢木獅子舞

横手市

八沢木獅子舞

 別名本木(もとき)神楽とも呼ばれ、演目は「ご幣舞」「剣の舞」「狂い獅子」の3部で構成される。起源は定かではなく、保呂羽山波宇志別(ほろわさんはうしわけ)神社の行事の一つとする説と、慶長以前に八沢木字本木に定住した菊池家が一族で伊勢講(いせこう)を作り伊勢参りの際に習得し伝えたとする説とがある。五穀豊穣、悪疫退散を祈願するものとされ、毎年8月14日に行われる。
 獅子舞を舞う者を獅子振りと称し、前を前獅子、後ろを後獅子と呼ぶ。囃子方は笛・銅拍子・太鼓で、装束は白装束に全員たすき、獅子振りはわらじ、手甲脚絆(てこうきゃはん)、他は下駄を履く。前獅子は右手に御幣(ごへい)または舞鈴、剣を持ち、舞う時は伊勢の大麻を飾りつけ御神酒を供える。昭和40年2月23日に県指定無形民俗文化財に指定された。

その他の出演団体