出演団体

毛馬内の盆踊

鹿角市

毛馬内の盆踊

 毛馬内の盆踊は8月21日~23日に毛馬内のこもせ通りを会場に行われます。平成10年に国の重要無形民俗文化財に指定されており、秋田県三大盆踊りの一つにも数えられています。
 文献資料から少なくとも江戸中期には行われていたことが確認されており、現在は大太鼓と笛の囃子で踊る「大の坂」と、無伴奏で唄のみで踊る「甚句」の二つの踊りで構成され、踊り手はかがり火を囲みながら優雅な踊りを披露します。
 衣装は、一般に男性は紋付等の着物に水色のケダシ、女性は留袖、訪問着等にとき色のケダシで、ケダシが見えるように着物をはしょり、帯下に黄色のシゴキ帯を巻きます。また、男女とも豆絞りの手拭いで頬かぶりをするのも特徴的です。

その他の出演団体