出演団体

鹿角市

毛馬内の盆踊

 秋田県三大盆踊りの一つ、毛馬内の盆踊は、大太鼓と横笛のはやしで踊る「大の坂」と無伴奏の唄のみで踊る「甚句」と、「じょんから」で構成されています。「大の坂」は京都の念仏踊りの流れをくむと言われ、「甚句」は南部領だった450年前に戦いから帰った将兵たちをねぎらったのが始まりとされています。  かがり火を囲み、少しずつ移動する輪踊りで、常に内側を向いてゆったりとしたテンポで優雅に踊り、踊り手は男女とも豆絞りの手拭いで頬被りをし、きらびやかな帯で踊る衣装が特徴です。

その他の出演団体