出演団体

img_ishikawakomaodori

八峰町

石川駒踊り

 石川地域で古くから伝わる石川駒踊りと奴踊りは、400年の歴史を誇る八峰町の無形民俗文化財です。由来は、慶長7年に、佐竹義宣が常陸から出羽の国へ領地の国替えとなった時、道中で主君の旅情を慰めるために家臣たちが演じたことが、始まりとされています。
 駒は6~10頭の編成になっており、馬の頭をつけて馬にまたがったように見せます。踊りは、戦国武将が合戦する場面を表し、息をつかせぬほどの早さで踊り、県内でも有数の勇み駒と呼ばれています。また、奴踊りは駒踊りの前に踊られ、駒の露払いとも言われています。
 現在では、小学校の正課クラブにも採用され、後継者の育成にも力がそそがれており、毎年8月13日のお盆には、お寺や神社で踊りを奉納し、文化祭や各種イベントでも披露しています。

その他の出演団体