出演団体

羽後町

西馬音内の盆踊

 羽後町西馬音内に伝わる国の重要無形民俗文化財「西馬音内の盆踊」は、今から七百年余り前、源親という修行僧によってもたらされた豊年祈願の踊りが、慶長6年(1601)西馬音内城主小野寺一族が滅び遺臣たちが主君を偲んで捧げた盆供養の踊りと合流・融合し今の姿になったと伝えられ、毎年8月16日から18日までの3日間、町の中心街本町通りで行われます。深くかぶった網笠に艶やかな端縫い衣装、亡者を思わせる彦三頭巾に藍染の踊り浴衣の老若男女が、かがり火の列を挟んで行き交うように踊る。踊る者の顔をあらわにしない独特の風体は幻想的で非現実的な妖しい雰囲気を漂わせ、恍惚として没我の境地にある踊りの群れは人々を幻想の世界へと誘います。

その他の出演団体