出演団体

秋田市

土崎神明社祭の曳山行事

 土崎神明社祭の曳山行事は、神明社の例祭であり、7月20日から21日に武者人形で飾り付けた曳山が練り歩く行事で、「土崎港曳山まつり」の愛称でも親しまれています。
 20日の宵祭は、曳山が各町内から土崎神明社へ奉納されます。翌日の本祭には、町の南側の御旅所から神輿とともに北の御旅所に向かうに続き、夜、あいや節を奏でながら町内に戻るで、祭りは最高潮へと達します。
 寛政元年のによる紀行文『雪のふる道』にほぼ現在と同様の曳山行事が記されており、多彩な神事と趣向を凝らした曳山や巡行の間に披露される秋田音頭をはじめとした芸能など、近世風流系の特色を色濃く残す貴重な祭りです。

その他の出演団体