出演団体

秋田市

秋田の竿燈

 秋田の竿燈は、8月3日から6日までの4日間、秋田市の竿燈大通りを中心に開催されます。
 ねぶり流しと呼ばれる睡魔払いの七夕行事が、米の豊作を祈る庶民の願いなどと結びつき、形を変えながら発展したものと考えられており、寛政元年のによる紀行文『雪のふる道』にほぼ現在と同様の竿燈行事が記されています。
 勇壮な竿燈ばやしと「どっこいしょ」の掛け声に合わせて、長さ約14mの親竹にわえた9段の横竹に、合計46個の提灯をつるした竿燈をあげる熟練の差し手の妙技が見どころです。
 夏の夜空が200本を超える竿燈の灯火で照らされる幻想的な光景は、全国から見物者が訪れる秋田を代表する夏祭りです。

その他の出演団体